HOME > タバコやアルコールは脂性肌に悪影響?

タバコやアルコールは脂性肌に悪影響?

タバコやアルコールが好きな方は多いですが、タバコやアルコールによって脂性肌になったり、あるいは悪化させてしまう可能性はあります。実際にタバコやアルコールを嗜む中高年に脂性肌は多いと思いませんか。ご存じのとおりタバコを吸うと血管が収縮しますし、皮脂の分泌をコントロールするビタミンを大量に消費します。血管が収縮するということは血流を妨げますので、体の冷えを招きます。タバコを吸っている人に冷え性が多いのは、タバコが代謝を悪くするからです。また当然ながらタバコはお肌の新陳代謝を低下させます。お肌の健康を保つにはビタミンの摂取が不可欠なのですが、いくら食事やサプリメントでビタミンを補給しても、タバコを吸うことでビタミンが消費されますので、お肌はどんどん荒れますし、皮脂のコントロールも正常に行われなくなります。それだけではありません。タバコを吸うと大量の活性酸素が体内に発生します。活性酸素は老化の原因とされているもので、皮脂を酸化させてニキビの原因にもなったりします。ですから脂性肌やニキビにお悩みの方はタバコを吸わない方が良いのは言うまでもないでしょう。禁煙に成功する方法はこちらを参考にしてください。またアルコールですが、アルコールを摂取するとトイレが近くなりますね。これはアルコールの摂取によって利尿作用が働いて、体内の水分が排泄されるわけです。つまりアルコールをたくさん摂取すると体内の水分が不足することになります。当然お肌の角質の水分も不足するわけですが、お肌の水分不足も脂性肌の原因になったりします。水分不足とは乾燥状態を言いますから、一見脂性肌とは関係なさそうに感じますが、角質層の水分不足が生じると、お肌を保護するために皮脂が異常に分泌されるようになります。その結果オイリーな肌になってしまうわけですが、タバコやアルコールが脂性肌を招くメカニズムは何となく理解できたと思います。タバコやアルコールが好きな人はなかなかやめられないと思いますが、顔のテカりやべたつきを改善したいなら、回数を減らすことから始めてみてはいかがでしょう。