HOME > 脂性肌は朝洗顔すると余計にオイリーになる?

脂性肌は朝洗顔すると余計にオイリーになる?

自分は脂性肌だ、顔がテカって困っているという人はぜひ朝の洗顔をしてみてください。
夜寝ている間も皮脂の分泌は盛んにおこなわれています。

朝起きたら顔がぬるっとしているという人は、水よりもお湯、さらに洗顔料を使ってしっかり洗顔しましょう。
水よりもお湯をおすすめするのは、温かいお湯の方が毛穴が開いて皮脂が落としやすいからです。

水だけではいくら洗顔してもぬるぬるが取れないという経験があるはずです。
朝の洗顔をしないでおくと、顔のテカりを助長するだけでなく、毛穴に詰まった皮脂がニキビの原因になってしまうからです。

ただ洗顔料はあまり強いものを使う必要はありません。
洗浄力の弱いものでかまいませんので、洗顔料を使って顔をしっかり洗います。

ちなみに朝も洗顔をするとかえって肌バランスが崩れ、よけいに皮脂が分泌されてしまうのではないか、と考える人がいます。
いわゆるインナードライという肌状態ですね。

本当は乾燥肌なのに、乾燥させすぎることによって、皮脂の過剰分泌を招いてしまっているというわけです。
もしインナードライなのであれば、1日に洗顔をする回数は最大でも2回、基本は水やぬるま湯で洗い、なるべく洗顔料は使わない方が良いでしょう。

本当にあなたが真の脂性肌であれば、朝洗顔をしない手はありません。
インナードライというのは本来乾燥肌なのであって、脂性肌ではないのです。

それに朝しっかり洗顔料を使って、泡で顔を洗うと顔がさっぱりすっきりし、一日のスタートが気持ちよく切ることができます。
洗顔後の化粧水の浸透具合も抜群によくなるはずです。

逆に朝の洗顔を怠ってしまうと、変な話24時間顔を洗わないことになります。
さすがに24時間も毛穴に皮脂が詰まっていると、毛穴が大きくなって目立ちやすくなります。

特に鼻の頭やTゾーンなど、毛穴が大きいと美しい肌とはいいがたいですね。
逆に自分は脂性肌ではない、どちらかというと乾燥肌だという人は、おすすめの洗顔方法があります。

それは洗顔料は使わずに、蒸しタオルを顔に当てるようにして、皮脂や汚れをふき取ることです。
こうすることでお肌を余計に傷つけたり、乾燥させることなく、お肌をケアすることができます。

面倒臭いという人は、水やぬるま湯で顔を洗うだけでも構いません。
乾燥肌であればそれだけで汚れや皮脂も十分取れますし、必要な油分まで奪うことなく、美肌を守ることができます。

とはいえ全く洗顔しないのはよくありませんので、水やぬるま湯で良いのでしっかり顔を洗いましょう。