HOME > お茶が皮脂の分泌を抑えるって本当?

お茶が皮脂の分泌を抑えるって本当?

脂性肌に悩んでいる人は男性だけでなく女性にも多いのですが、お茶を飲むだけで脂性肌が治るとしたら、お茶を飲まない手はありませんね。何故お茶が脂性肌改善に良いかというと、お茶には皮脂の分泌を抑制する働きがあるからと考えられています。脂性肌の主な原因は皮脂の過剰分泌ですから、お茶で皮脂の分泌が抑えられれば脂性肌も改善する、というのはなんとなく理解出来ます。実際にクミスクチン茶というお茶が顔のテカりやべたつき対策に良いと以前テレビで放送されていましたが、クミスクチン茶に含まれるロズマリン酸という成分が脂性肌改善に一役買っているようです。ただ何もクミスクチン茶を飲まなくても、普通のお茶でも十分脂性肌改善が期待できます。というのもお茶にはカテキンという成分が含まれていますが、カテキン体内の脂肪を燃焼させてくれる働きがあり、脂っこい食事をした後にお茶を飲むと脂肪の蓄積を抑えてくれると言われていますね。大事なのはお茶の摂取を継続することですから、クミスクチン茶が手に入らない方はウーロン茶やプーアール茶、緑茶、ごぼう茶を飲むと良いですよ。ごぼう茶のサポニンやイヌリンの働きについてはこちらにも書かれていますのでご覧ください。皮脂の過剰分泌はテカりやべたつきだけでなく、にきびの原因にもなります。お茶に含まれるカテキンには脂肪燃焼の他、殺菌作用や抗酸化作用もありますから、雑菌の増殖を抑えてニキビ予防にも繋がるかもしれません。お茶は飲むだけでなく、お茶で洗顔するというニキビ予防法もあるようですから、一度試してみると良いですね。抗酸化作用によって美白効果も期待できるかもしれません。1杯や2杯飲んだだけでは効果は実感できないと思いますが、お茶でじっくり体質改善していけば、脂性肌も良くなる可能性はあります。