HOME > 保湿をしないと皮脂の分泌が増える?

保湿をしないと皮脂の分泌が増える?

女性のほとんどは保湿をしていると思いますが、男性で保湿をしている人は少ないのではないでしょうか。実は保湿をしっかり行わないと、皮脂の過剰分泌を招き、脂性肌になりやすい傾向にあります。男性に脂性肌が多いのは男性ホルモンも理由の一つでしょうが、保湿をする習慣がないことも原因の一つかもしれません。ただでさえオイリーでべたついているお肌を保湿しても無意味と思われるかもしれません。しかしべたついているお肌と潤いのあるお肌は全く違います。確かに皮脂も水分もお肌を保護するという共通の役割を持っています。ですから角質層の水分が不足すると、皮脂を分泌してお肌を守ろうとするのですが、水分と異なるのは、皮脂が毛穴に詰まったり、汚れを吸着したり、あるいは雑菌を繁殖させてしまうことに問題があります。角質層の豊富な水分は無害でも、皮脂の過剰分泌は有害となるのです。特に男性は女性よりも角質層の水分量が少なく、加齢とともにどんどんと不足して乾燥していきます。角質層の水分量が少なくなるということは、細胞間に隙間が空き、異物の侵入を許したり、外的刺激に弱くなるという欠点があります。ですからお肌の保湿を行うということは外敵から皮膚を守るだけでなく、皮脂の分泌を防いで脂性肌予防にもなりますから、男性も日々の保湿をした方が良いのは間違いないでしょう。洗顔後は化粧水や乳液を使って、お肌に潤いを与えるようにすれば、顔のテカりやべたつきともおさらば出来るかもしれません。ただ油分の多い乳液を使ってしまうと、かえって脂ギッシュに見えてしまうので注意してください。なお高麗人参サプリはホルモンバランスを整え、脂性肌を治すのに一役買ってくれます。高麗人参はモデルも飲んでる健康補助食品ですから、美肌効果が期待できそうです。