脂性肌がニキビの原因になるって本当?

たまにお肌がテカっている人やべとついている人を見かけますが、これは脂性肌と呼ばれ他の人より皮脂が分泌しやすいために引き起こされます。毎日朝も夜も洗顔をしているのに、お昼過ぎには顔がベトベト、毛穴の黒ずみも目立つ、ニキビが出来やすいなど悩みを抱えている人も少なくないでしょう。これは肌質だからどうしようもないと考えているかもしれませんね。脂性肌や乾燥肌、混合肌など、確かに肌質というのはその人によってある程度決まっているのですが、諦めてはニキビがいつまで経っても治ってくれません。では何故脂性肌になってしまうのか考えてみましょう。自分が脂性肌だと気付くのはおそらく思春期以降ではないでしょうか。あるいは20代を超えてから脂性肌になったという人もいるかもしれません。一般的に思春期を迎えると男性も女性もホルモンの分泌が活発になります。特に男性の場合は男性ホルモンの分泌によってホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌が過剰になってきます。この時期にニキビが出来やすくなったという人は多いはずです。同時にお肌のテカりやべたつきを感じ始めるのもこの時期です。これはやはり皮脂の過剰分泌が原因の一つなのですが、お肌のテカりやべたつきを放っておくと皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまいます。皮脂や汚れが溜まると、お肌の常在菌アクネ菌が増殖し始めます。その結果、ニキビが出来たり、悪化させたりしてしまいます。そのため脂性肌の人はこまめな洗顔がとても大事なのです。また油紙やフェイシャルペーパーでこまめに皮脂や汚れを取り除いてあげる必要があるでしょう。なお洗顔が大事とはいっても、洗顔方法にも気を付けなければなりません。皮脂や汚れを取り除こうと、お肌をゴシゴシ擦るように洗顔をする人がいますが、これはかえって逆効果になります。ニキビにとって皮脂は悪者という印象がありますが、一定の皮脂は皮膚を保護するために必要です。摩擦によってお肌を傷つけてバリア機能が低下したり、皮脂を過剰に除去してしまうと、お肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるようになります。そうなると余計にお肌のテカりやべたつき、ニキビの原因になってしまうでしょう。ですから洗顔時はお肌を傷つけないように注意し、保湿をして皮膚を保護してあげることが脂性肌予防になったりします。なおニキビケアの注意点についてはこちらに書かれていますので、参考にしてください。